検索エンジン最適化

当店のSEO対策方法

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、日本語では検索エンジン最適化と書くこともあります。また、最適化の技術そのものを指す場合もあります。

具体的になにをするものか
具体的にはホームページが各種サーチエンジンの検索結果で上位表示されるようにページを編集することです。

実際の対策方法は
対策としては大きく内部対策と外部対策にわかれますが、内部対策とはサーチエンジンのアルゴリズムに対応したホームページもしくはhtmlの記述をすることです。外部対策とはより多くのウェブサイトからのリンクを集め、もしくはより多くの人に共有されるなどでサイトの価値を担保してもらってサーチエンジンの上位に来ることを目的にしています。この二つは密接に関係し、一方の対策を採ることでもう一方の対策にも結果的に対応する事があります。最終的な目的はサイトにアクセスし、内容を知ってもらうことなので、それも併せて効果的にサーチエンジンを「利用する」ことが肝心です。

内部対策

最近のサーチエンジンのアルゴリズムは単純な文字検索ではなくコンテンツの充実を求める傾向が強くなっています。そのため、それに対応したウェブサイトもしくはhrmlの記述をしなくてはなりません。基本的な対策は下記の方法になります。

ページタイトルを適切に記述する
ページタイトルにはSEOのキーワードと共に要旨を簡潔にまとめ、なおかつ人をひきつけるような記述が好ましいです。検索結果での注目度を上げると共に、そのページからどんな情報を得られるのかを表示することにより、アクセス向上につながります。

メタディスクリプションを記述する
metaタグの中にキーワードや説明文を入れるという方法です。metaディスクリプションは検索結果ページにタイトルとともに反映されるので、ページタイトルを補う形で詳しい説明を入れておけば、検索結果を見た人がよりアクセスしやすくなります。

見出しを使用しコンテンツをツリー構造にする
ウェブコンテンツの場合、従来の活字メディアとは違い、訪れた人はタイトルや見出しに先に目を通すというという説もあります。また、一文の長さがあまりに長いと読む気をなくすと言う人もいます。サーチエンジンで検索してクリックした時にこれらの要件をクリアしていればアクセス数も伸び、結果として上位に来るということになります。

外部対策

外部対策は端末の多様化により大きく変化しています。ソーシャルメディアでの共有はかつてのリンク集とは比べ物にならないほど簡単でスキルを必要としません。その特性を生かしてより多くの人に共有されることが目標とされます。

どの端末からも高い視認性を持つようにする
現在は様々な端末から情報を共有できるので、どの端末からでも読みやすいようにすることも必要です。デジタルの字体は従来のメディアよりも視認性が低く、特に漢字の視認性がより低いという説もありますので、漢字の使用量を適量に抑えることも大切です。また、文章と併せて画像を使用する場合も、画像サイズを適切なサイズに保つ事に気をつけるべきです。

訪問者を意識した記述をする
結論は最初に記述する、漢字とひらがなを適切に使い分ける、冗長な文を書かない等が挙げられます。ウェブサイトを訪問した人がコンテンツから情報をすばやく取得するための記述や、コンテンツ自体のクオリティを上げる事で、被リンク率・共有率を上げると共にサーチエンジンからの評価が高くなり、結果的にアクセスが向上することにつながります。

双方向メディアである事を活用する
前述の通り、ウェブコンテンツは他のメディアコンテンツと比較して迅速な双方向性を持っており、携帯端末の普及により更に双方向性が増しています。良いコンテンツは迅速に多数の人に共有され、それに伴いキーワードについて言及されることも多くなります。効果的にキーワードを設定することによってサーチエンジンからの評価もあがり、検索結果の上位に来ることになります。

効果予測
ここまでSEOの方法について説明してきましたが、正直なところ効果予測は期待値の域を出ないというのが現状です。いくらキーワードを沢山記述し、文章を読みやすくしたところで、「情報として価値がない」のではアクセスも伸びず共有もされず、結果サーチエンジンも上位に記載されなくなります。情報の取捨選択、適切なキーワード、画像の挿入等で内容をよりわかりやすく、かつ読みやすく読者に提供できることが最も重要な事であるということです。すなわち、SEOを意識して作られた質の高いウェブコンテンツを作る事、結局のところこれがSEOにとって一番近道だと言えるのです。


お見積はこちら
料金案内を見る >