SEO対策の方法とは

Googleの登録状況を確認する

自分のサイトがGoogleのインデックスに登録されているかどうかを調べる。アドレスバーに、「site:」をつけて後、サイトURLを入力して検索してみます。検索結果に表示された場合は、問題なくインデックスに登録されています。「site:wikipedia.org」で検索して、問題なければこのような結果で表示されます。サイトがGoogleに登録されていない場合サイトが登録されていなければ、インデックス登録がされておらず、検査結果に表示がされません。

Googleにサイト登録をする

自分のサイトを登録するには、Googleに申請する必要があります。サイト管理することができるGoogle Search Console にアクセスをして、登録を行います。登録してから、しばらく置いて、再び「site:wikipedia.org」で検索してみてください。

Googleに見つけられるようにする

検索結果に表示させるには、Googleに見つけられるようにすることです。そのために必要なのは、サイトマップを送信して、検索ロボットにクロールしてもらうことです。逆に検索結果に表示させたくないウェブページあがある場合は、robots.txt を仕様して、クロールをブロックします。また、noindex タグを使用して、リンクを知っているユーザーのみがアクセスできるようにすることも可能です。

Googleがコンテンツを理解できるようにする

Google botはページをクロールする際、最適なインデックスとレンダリング登録を実現するため、ウェブサイトで仕様している各ファイルをを必ずGoogle botに許可することが重要です。URL検索ツールを使用しながら、Google botがコンテンツをどのように認識してレンダリングするのか正確に把握することができることで、サイトのインデックス登録時の問題を特定しながら修正ができるようなります。

ウェブページに正確なタイトルをつける

タイトルタグ

metaタグの中に、タイトルタグがあります。タイトルタグの設定は重要で、書籍のタイトルと同じように、ウェブページそのものを表し、ユーザーと検索エンジンの両方にページ内容を伝えます。例えば、SEO対策ならSEO対策船橋ドットコムのように誰が見ても、ページ内容がわかるようにタイトルをつけることが重要です。

(適切な例)
・短くてわかりやすいタイトルで、35文字以内で記載します。(35文字以上は検索結果に表示されません)
・各ページごとに記載する。

(不適切な例)
・ページコンテンツに関連がないタイトル。
・「無題」や「新しいページ」などデフォルトや抽象的なタイトル。
・不要なキーワードの乱用。

(ポイント)
各ページごとに、その内容に合わせたタイトルをつけるのが理想です。そうすることで、Googleが各ページの違いを認識することができます。

descriptionタグ

タイトルタグと同様に、metaタグにはディスクリプションタグがあります。ページタイトルに加え、ページの説明文になります。検索結果に表示される、タイトルの下に表示される説明文です。ここには、ページの内容を要約したものを記載します。目安として、120字以内で記載します。(120文字以上は検索結果に表示されない場合がほとんどです)

(適切な例)
・ページ内容の概略を記載する。
・なるべく120文字以内で記載する。
・各ページごとに記載する。

(不適切な例)
・ページの内容と関連のないdescriptionタグを記述する。
・サイトの内容をそのままコピペする。
・不要なキーワードの乱用。

(ポイント)
各ページごとに、ページの概略を記載します。書籍に例えると、表紙についている帯のようなものです。ユーザーの目にとまるような内容にしましょう。

見出しタグ

見出しタグは、ページ内で使用されているテキストが通常のものよりも大きく表示するもので、ユーザーにとって、そのテキストが重要であることを認識してもらいます。
見出しタグを使用することで、見出しテキストの後に続くコンテンツの内容も理解しやすくなり、ユーザーの利便性が向上します。見出しタグはh1~h6まで使用します。

(適切な例)
・短く適切に記述する。
・ページ上のコンテンツごとに各主要なポイントを記述する。

(不適切な例)
・ポイントでないものを見出しタグとして記述する。
・ページ内で過度に使用する。
・見出しのテキストが長すぎる。

(ポイント)
見出しタグはh1〜h6まであります。テキストの内容に応じて使い分けることが大切です。基本的には、h1から順に使用していくもので、h1,h2は各ページに1つの割合で使用しましょう。

検索結果の表示を管理する

サイト階層の整理

各ページのパーマリンクを最適化します。極端い長すぎる暗号のようなものではなく。なるべく、ページ内容に関連する個別のURLを使用します。例えば「お問い合わせ」ページURL「http://test.com/contact/」と設定します。

ナビゲーションの最適化

ウェブサイトのナビゲーションは、サイト訪問者にとって必要なコンテンツを見つけてもらうために重要となります。Googleにおいても、そのページが、サイト全体の中で、どのような役割を果たしているのか理解しようとします。例えばパンくずリストの使用などで、左側から右側に向けて具体的なページを並べていきます。「HOME-> トピックの一覧 -> 特定のトピック」のように設置します。

コンテンツを最適化する

ユーザーが求めているものを提供する

ユーザーが関心を寄せる有益なコンテンツを作成すれば、どの内部対策よりもウェブサイトに影響を与えると同時に、どの競合サイトよりも優位に検索結果に表示されます。

質の高いコンテンツは、一番Googleの評価を高めるものとされています。質の高いコンテンツは、読者が求めているものを把握して提供することが大切です。また、ユーザーの検索行動を予測しながら、コンテンツ記述をすることで、より効果をもたらします。

(適切な例)
・他サイトにはない魅力的なコンテンツ。
・ユーザーの検索行動を意識した内容。
・誰でも読みやすいコンテンツ内容。

(不適切な例)
・いい加減なテキストの記述。
・支離滅裂なコンテンツの作成。
・テキストを画像や動画に埋め込む。

(ポイント)
競合サイトが提供していない、新しくて有益性のある、そして専門性を兼ね備えた、読みやすいコンテンツを提供する。

リンクを積極的に使う

効果的なリンクテキストを記述

リンク内に表示されるテキストには、外部リンクなたは内部リンクがあります。これらのリンクを通して、Googleにリンク先のページ情報を伝えます。また、ユーザーに対しても、リンク先の内容を把握できるなど、ナビゲートしやすくもなります。

(適切な例)
・リンクに使用するアンカーテキストはリンク先のページ内容に関する情報を記述する。
・短くわかりやすいテキストにする。

(不適切な例)
・リンク先のページとは異なるテキストの使用。
・リンクをCSSなどで装飾する。
・過度に挿入されたテキストなど。

(ポイント)
リンク先のページ内容に関連する内容で、短くてわかりやすいテキストにする。また、他のサイトにリンクをすると、自分のサイトに対する評判の一部を分け与える形となります。これを避ける場合には、nofollowタグを使用して防ぎます。例えば、<a href=”http://www.test.com” rel=”nofollow”>アンカー テキスト</a>のように記述します。

画像の最適化

altタグを使用する

Googlebotは画像の内容まで把握することができません。そこで、この画像はどのような画像であるのか、altタグを使用して画像の内容を伝えます。また、適切なaltテキストを記述することで、Google画像検索でも表示されます。

(適切な例)
・簡潔でわかりやすいファイル名とaltテキストを使用する。
・短くてわかりやすいテキストにする。

(不適切な例)
・不要なキーワードを埋め込んだもの。
・極端に長すぎるテキストの記述。

(ポイント)
使用している画像はどのような画像なのか。テキストからもわかるように短く完結なaltテキストを記述する。

モバイルフレンドリーに対応させる

現在はスマホからの検索がほとんどです。パソコンサイトは、モバイルでは見づらく使用しづらいことがあります。そのため、Googleではモバイルに対応したサイトを推奨しているの同時に、モバイルフレンドリーに対応したサイトが優先的に表示されるようになっています。自分のサイトがモバイルフレンドリーに対応しているかどうか調べてみましょう。確認方法はGoogleモバイルフレンドリーテストから行います。

SEO対策の費用をもっとみる

検索結果のお困りはこちらから

050-6865-7912
(受付時間 平日9:00~18:00)