検索順位が決まる仕組みとは

検索エンジンの仕組みを知る

アルファベット社の元CEOラリー・ペイジ氏は、「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致する答えを返すものである」と述べています。

検索エンジンのGoogleが使命として掲げているのは、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスして使えるようにすることとしています。私たちが様々な検索した際に、幅広い情報源から適切な検索結果を表示してくれているのはそのためです。

Google検索では、関連性と信頼性が最も高い情報を提供するとしています。ユーザーが求めている情報を提供するために、様々な要因として、質問に含まれているキーワード、ページのコンテンツ、専門性、使用言語や地域などで検討しています。検索は毎日行われており、そのうち15%が新しい質問とされています。検索エンジンのGoogleは、アルゴリズムを用いた自動化されてシステムを使用して、ユーザーに最も有益な情報を提供しながら、情報アクセスの機会を最大化しています。

検索エンジンによるクロール

検索窓に検索したいキーワードを入力して検索すると、検索結果には何千件あるいは何百万件もウェブサイトが表示されます。膨大な検索結果の表示から、ユーザーに最適な情報を提供するため、あらゆる情報の整理、提供を行っています。私たちユーザーが検索する前にウェブクローラーと言われるロボット型検索エンジンが膨大な数のウェブページを巡回して、最適な情報収集を行い、検索インデックスに登録されていきます。

検索エンジンのクロールするプロセスは、過去のクロールから得られたウェブアドレスと、サイト所有者から提供されたサイトマップで構成されています。クローラーはこれらのウェブサイトにアクセスして、そのサイト上のリンクをたどって、他のページを探していきます。特に重点的に確認しているのは、新しいサイトの情報、既存サイトの変更点などです。これらをクロールするサイトや、その頻度やページ数は検索エンジン独自のプログラムによって決定されています。

ウェブ上のコンテンツを整理

検索エンジンは、ユーザーが検索する前段階から、検索インデックス(ウェブページを保存しているデータベース)を使用して、情報の整理を行っています。例えば、検索インデックスは図書館のようなもので、世界中の図書館に所蔵されている書籍のようなものです。

検索結果に表示される情報の検出

冒頭に説明したとおり、検索インデックスは世界中の図書館のようなものです。図書館に所蔵されているあらゆる書籍に加えて、毎日、新しい書籍が増え続けていることで所蔵数も膨大となっています。膨大な所蔵庫からユーザーが知りたい情報を表示させるものとして、まず、ウェブクローラーと呼ばれるソフトウェアを使用して、公開されているウェブサイトを探します。クローラーはユーザーがネット上で、コンテンツを閲覧する時と同様に、ウェブサイトを見て、サイト上のリンクからリンクをたどり、WEBサイトのに関するデータを検索エンジンのサーバーに蓄積していきます。

検索インデックスによる情報の整理

検索エンジンのクローラーが特定のウェブサイトを見つけると、そのコンテンツを表示し、サイトのキーワード、サイトの新しさなど主要なシグナルに注目しながら、検索インデックスにすべての情報を記録していきます。

知りたい情報を瞬時に検索

私たちが知りたいこと検索した際に表示される検索結果には、検索エンジンのアルゴリズムが検索インデックスに登録されている膨大な数のウェブサイトの分類、ならびに、ユーザーが探している情報と最も関連性が高く有益な情報を整理させて検索結果に表示させています。

検索アルゴリズムの仕組み

検索結果を決める主な要因とは
さて、その検索アルゴリズムの仕組みですが、膨大なウェブサイトの中からユーザーが求めている最適な情報を表示させるには、その情報を整理する仕組みが必要です。例えば、図書館であれば、膨大な所蔵の中から、読者が求めている書籍を探すにはどうすればよいか。その選別をするために図書館司書の役割があります。その図書館司書のような役割が検索アルゴリズムとなります。

検索アルゴリズムは、検索インデックスに登録されている膨大なウェブサイトを分類し、最も関連性の高い有益な情報を検索結果に表示させて、ユーザーが探している情報を見つけやすい形で表示させています。そして、検索アルゴリズムは複数で構成されており、その要員として、検索クエ、ページの関連性、ソースの専門性、ユーザーの位置情報や、その設定によって検討されています。その他、最新のニューストピックに関する検索クエリに対する回答の場合、その内容にあったコンテンツの鮮度が最優先されます。また、Googleでは検索アルゴリズムが関連性や品質の高い基準を満たせるよう厳格なガイドラインを設けて、それに準拠しています。

検索意図を把握する

ユーザーが求める最適な回答を返すには、検索意図を把握することが最も大切です。関連性の高い情報が含まれているかどうか、そのサイトを見つけるためには、検索キーワードに含まれる単語の意味の分析です。なぜ、その単語で検索したのか、その背景まで分析を行っています。

検索エンジンは、ユーザーがどのような種類の情報を探しているのかも理解しようとします。特定に関するキーワードなのか、それとも幅広い検索なのか、口コミ、画像、営業時間などの情報なのか。あるいは、最新のコンテンツを探しているのか、それとも急上昇なワードを検索しているのか。付近の情報、現在地での情報を探しているのか、こうしたとこも、検索アルゴリズムで分析を行っています。

なかでも重要視しているのが、検索ユーザーが鮮度の高い最新情報を求めているかの分析です。最新の情報が求められているとすれば、古いページよりも上位に表示されるようになります。例えば、「スポーツの試合結果」、「天気情報」、「企業の決算発表」など新しい情報が上位に表示されるようになっています。

ウェブページの関連性

検索エンジンのアルゴリズムは検索クエリに一致するウェブページを探します。基本的な検索を行った後、インデックス内で一致するキーワードを探して適切なページを見つけます。そして、そのキーワードが登場する、タイトル、ディスクリプション、見出し、本文などを分析します。検索クエリと同じキーワードが含まれているか。また、特にタイトルや見出しに含まれているか。このように単純なキーワードの一致に加えて、ユーザーが探している情報に合致するかどうかを評価としています。

例えば、「猫」と検索した場合に、「猫」という単語が繰り返すものではなく、検索クエリに対する答えが含まれているかどうかを見極めています。例えば、種類や飼育方法、画像や動画など関連する内容が含まれているかどうかも分析します。ユーザーが求めている答えに対して最適な内容を含んでいるページを表示する仕組みとなっています。

コンテンツの品質

検索した際、それに関連するウェブページは、キーワードによっては数百万件に及びます。検索クエリに対して最適なページを上位表示できるように、これらのウェブページを評価するアルゴリズムが作成されています。ウェブページが最適な情報を提供できるように、コンテンツの新しさ、キーワードの出現回数、ユーザーエクスペリエンスの質など、あらゆる要因で分析されています。

また、その内容の信頼性や権威があるか確認するために、同様の検索クエリについて、多数のユーザーに評価されているサイトを探します。検索内容に関連する他のウェブサイトがそれらのページにリンクしている場合には、コンテンツの質が高いこととして評価しています。いわゆる外部リンクが貼られることを指します。

それに伴い、PageRankを転送する被リンクなどを購入して貼り付けるなどといった不正行為も横行していますが、これらはGoogle のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反し、Googleは検索結果から削除したりするためのアルゴリズムを開発しています。

ユーザビリティ

Googleは検索タイプによって、最も利便性の高い形式で情報を表示させています。ユーザービリティを評価する要因として、ウェブサイトを各ブラウザで正しく表示ができるか、パソコン、スマホ、タブレットなどあらゆるデバイスに対応しているか、ネット速度が遅い環境のユーザーでも、適切にページを読み込めるかなど、検索するユーザーのすべてがストレスなく表示させることができることが重要とされています。

確認ツールとして、ページの読み込み速度を分析するPageSpeed Insightsや、サイトがスマホ表示に対応しているかどうかを確認するモバイルフレンドリーテストがあります。

文脈の考慮

Google検索は、現在地、過去の検索履歴、検索情報のすべてなど、検索の時点で最も有用で関連性の高い情報など、検索ユーザーのお住まいの地域に関連するコンテンツを提供しています。ローカルビジネスなどの場合は、Googleマイビジネスを最適化することが重要です。

有益な情報が最適な形で表示

ウェブサイトは日進月歩で変化しており、何百もの新しいWEBページが1秒ごとに公開されており、この状況は検索結果にも反映されます。Googleの場合、常にウェブをクロールして新しいコンテンツをインデックスすると同時に、検索クエリの内容に応じて、検索結果に表示しています。その上で、ユーザーが最新の試合結果等を検索した場合には、検索結果は最新の内容で表示されますが、歴史上の関する検索の場合には、最新のものではなく、何年間も更新されていなくても最適な内容のページを表示させます。

Googleの検索エンジンでは、毎年何兆件もの検索結果の処理を行っていますが、毎日処理をする検索クエリの15%は、見たことのないものを表示しているとしています。このようなことも含めて、すべての検索結果に対して最適な検索結果を返すことができる検索アルゴリズムの仕様となっています。

SEO対策方法をもっとみる

検索結果のお困りはこちらから

050-6865-7912
(受付時間 平日9:00~18:00)