サジェスト対策事例(探偵業)

探偵業社様のサジェスト対策

サジェスト対策のご依頼で、探偵業社様からのご依頼がありました。対策ワードとして、”不倫調査”や”不倫・浮気調査”などをご希望されていましたが、サジェストワードとしては表示が難しいものでした。”不倫”というワードでも検索窓に候補表示されなく、関連表示も表示されない状態でした。しかし、探偵業のメインワードとして、”不倫”や”浮気”のワードは外せるものではなく、必須ワードでした。

SEO対策とコンテンツSEOのご提案

サジェストワードでの表示が難しかったので、現行サイトのSEO対策と、コンテンツSEOをご提案させていただきました。コンテンツSEOとは、直接販売するといったサイトではなく、販売サイトに流入させるようにする、検索ユーザーの課題解決となる良質なコンテンツを提供するサイトとなります。

探偵業のコンテンツSEOとは

探偵業なので、不倫や浮気を見抜く課題解決サイトを作りました。内容は、「普段の私生活から見抜くポイント「」や「怪しい行動のポイント」といったもので、いくつかの課題解決を提示し、さらに詳しく調査する場合はということで、その延長線にメインサイトの紹介。こうすることで、まず集客の入り口の門戸を広くすることと、メインサイトへ流入した場合、コンバージョンにより結びつけることができます。

サジェスト対策への相乗効果

サジェストワードでは”不倫”ワードは表示できませんでした。ところが、コンテンツSEOのワードに設定したことで、そこから派生して”夫婦”や”浮気”などのワードでコンテンツサイトへの流入が見込めるようになり、お客様から大変ご満足のお声を頂ました!今回はメインサイトとは別の入り口として、コンテンツSEO対策の事例をご紹介させていただきました。