サジェスト対策事例(千葉・探偵業)

サジェスト表示の確認方法

千葉県内の探偵業者様から、サジェスト対策のご依頼。”不倫”というキーワードでサジェスト表示をさせたいとのことでした。サジェスト対策の確認方法について、サジェスト対策は全てのキーワードが表示できるとは限りません。表示可能なものと不可能なものがあり、ご契約前にご希望のキーワードが表示可能か確認するところから始めます。

確認方法は、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンの検索窓に、キーワードを入力してみてください。サジェスト表示が可能であれば、何かしら候補表示がされると思います。かな入力で表示されない場合は、ローマ字などで入力をして表示がされるようであれば、サジェスト表示可能と判断ができます。

コンテンツサイト経由

今回ご依頼を頂きました”不倫”というワードは表示できませんでした。しかし、類似ワードで”浮気”のワードが表示できたので、”浮気相手”などでサジェスト対策を行いました。今回のサジェスト対策は、お客様のホームページに直接飛ばすのではなく、一度コンテンツサイトに飛ばして、コンテンツサイト経由で本サイトに飛ばす仕様で対策を行いました。

余談ですが、ヤフーの検索窓で試しに、”夫”と”妻”で検索をしてみてください。双方ともに、”夫 浮気”と”妻 浮気”が表示されます。候補表示がされるということは、これだけ夫婦間でお悩みになられていることがわかります。このように、何か思ったことを検索窓に入力すると関連するサジェスト表示がされるので、気づきがあるときがあると思います。