SEO対策事例(千葉県・社会保険労務士)

社会保険労務士の検索キーワード!?

千葉県内で社会保険労務士事務所様のSEO対策事例をご紹介します。社会保険労務士と言うとピンとこないかもしれませんが、会社の総務関係では必要となってきます。今回のお客様は、個人で事務所を開業しており、集客の為にSEO対策をお願いしたいとのことでした。

現在、ホームページ業者に作ってもらったページはありますが、検索エンジンで検索をしても検索結果に反映されていない状況でした。検索キーワードは”千葉 社会保険労務士”ということでした。

SEO対策作業の前に、まず着目したのが検索キーワードでした。”千葉 社会保険労務士”で検索をすると様々な検索結果が表示されます。「千葉県内で社会保険労務士を探している人」、「千葉県内で社会保険労務士になりたい人」、「千葉県内で社会保険労務士の資格スクールを探している人」など、検索キーワードが漠然としすぎて、ターゲットが明確化されていませんでした。

検索キーワードを絞り込む

まずは検索キーワードを絞り込む必要があります。お客様の目的は集客をしたいとのことでしたので、顧客となる検索ユーザーを絞り込みが必須。今回は、「起業を始めた経営者が社会保険証を作ること」ことを想定しました。

ターゲットユーザーの検索しそうなワード

次にターゲットユーザーが検索しそうなキーワードの設定です。社会保険証を作りたい経営者ということで、”社会保険証 社労士 千葉”、”社会保険 社労士 千葉 料金”といったキーワードを盛り込むことにしました。確かに、”千葉 社会保険労務士”といったキーワードのが、分かりやすくてアクセス数も多いかと思います。しかし、検索ユーザーの目的がそれぞれ分散してしまうので、最終的なコンバージョンには繋がりにくくなってしまいます。

次回は、検索キーワードの設定後からSEO対策結果について書きたいと思います!
[cc id=3798]

関連記事

  1. 地域性高いワード

    ローカルSEOの地域性とは何か

  2. suggest

    SEO対策の即効性を求めるなら「サジェスト対策」

  3. SEO対策事例(千葉市・風俗業)

  4. サジェスト対策の事例(千葉県船橋市・ネイルサロン)

  5. サジェスト対策事例2(東京・飲食店経営)

  6. 逆SEO対策のすすめ