逮捕歴の検索結果削除認められず

SEO対策

検索結果の削除について最高裁は認めず

Googleの検索結果に表示される検索結果の削除について、最高裁は削除を認めない決定をしたと大きく報じられました。その内容は、過去に児童買春の疑いで逮捕されたことのある男性が、Google社に対して検索結果の削除を求めて起こした裁判です。

各報道によると最高裁は、検索結果の表示の社会的な意義などと比較して「個人のプライバシー保護が明らかに優越する場合は削除が認められる」という判断基準を示し、「検索結果を提供する必要性を、公表されない利益が上回るのが明らかな場合にだけ認められる」とする初の統一判断を示しました。

5年前の逮捕歴が表示される

訴えを起こした男性は、2011年に児童買春の疑いで逮捕された際の内容が、自分の名前と居住地を検索結果に入力すると過去の逮捕歴が表示されるとして、その削除を求めていた。

欧州連合が認めて話題となりました「忘れられる権利」、地裁の一審は認容されましたが、二審の高裁では地裁の決定が取り消され、最高裁では上告を退けて原告側の敗訴が確定。

検索結果の表示は公共性のあるもの

今回の判決から、ネット上の「知る権利」を重要視した判断で、今後は報道された事件などが、ネットユーザー達に共有されることになります。さらに最高裁は「検索サイトはネット上で必要な情報を入手するのに重要な役割を果たしている」とも言及し、今後はより検索結果に表示される内容は公共性のあるものとして重要視されることがわかりました。

検索結果の表示には公共性のあるものとなり、発信者によってネット上に書かれることがより心配になります。一度書かれたものについては、事実である限り検索結果上に残ることになり、人に見られていないかなど日常生活が不安でいっぱいになります。私たちSEO対策船橋ドットコムは、一人でも多くの人が不安から解消されるよう、検索結果のお手伝いをしております。検索結果についてお悩みのことがありましたら何でもご相談くださいませ。

関連記事

  1. SEO対策(SEO対策船橋ドットコム)

    お店の集客はどうされていますか?

  2. SEO対策事例(千葉市・占い店経営)

  3. サジェスト対策事例(東京都・エステ店)

  4. 見られたくないコンテンツを徹底的にガードする

  5. サジェスト対策の事例(千葉県船橋市・ネイルサロン)

  6. サジェスト対策事例(育毛剤販売サイト)