地域性高いワード

ローカルSEOの地域性とは何か

ヴェニスアップデートとは

「ヴェニスアップデート」というSEO用語を聞いたことありますか?
ヴェニスアップデートとはユーザー位置情報を検索結果に反映するグーグルのアルゴリズムで2012年にはじまったものです。

実際のアップデートが実施されてからは、地域性の高いローカルキーワードでで検索した際に、検索結果に表示される内容が検索ユーザーの位置情報に近い店舗や会社などが上位表示されるようになりました。以前は、どこで検索をしても検索結果には同じように表示されていたのが、アップデート後は検索する地域によって検索結果に表示される内容が変わるようになり、より地域性に特化したローカルSEOが注目されるようなりました。

グーグルはなぜこのようなアップデートの仕様になったのか、それはスマホの利用者が増えたのと同時にローカル情報を検索するユーザーが増えてきたためと言われています。

ヴェニスアップデートが実際に実施されるようになってからは、検索順位が大きく変動し、検索する地域によってそれぞれ異なるようになりました。例えば、今まで東京では検索順位が1位だったのものが、大阪では10位に下落といったケースも増えてきているのが現状です。なので、地域性に合わせたローカルSEOは対策をする上でとても重要となります。

ローカルSEOの対策は?

まず最初に対策をするキーワードは地域性の高いキーワードなのかどうかを確認します。一般的に思い浮かぶのは、美容院、整体、エステ、病院、雑貨屋、質屋など地域にお店がある業種で、検索ユーザーが地元で利用するサービスなどが当てはまりますよね。逆に地域性がないキーワードといえばネットショップなどのネット上で完結されるサービスなどが当てはまります。

地域性キーワードの確認方法

ローカルSEO対策を行う際に、地域性の高いキーワードであるか確認する必要があると説明しました。では、実際に確認する方法はあるのか、グーグルの検索エンジンを利用して地域性が高いのか判別する方法がありますのでご紹介致します。

1.検索結果上に地図が表示されているか
▼検索した時に地域性の高いキーワードには地図が表示されます。
地域性高いワード

2.検索結果上に地図のタブが左側に近いか
▼グーグルは検索ユーザーが求めているコンテンツの種類を予測して表示します。検索した時のタブ表示欄に重要性の高いコンテンツの種類を左から表示され、図では左から「すべて」「ショッピング」になっています。これは”通販”のキーワードを予測して表示しているものです。
地域性高いワード2

▼こちらの図では左から「すべて」「地図」の順になっており、地域性が高いワードであることがわかります。
地域性高いワード

上記の2通りの方法で地域性が高いワードなのか判別することができます。続いて、実際のローカルSEO対策はどのように行えばいいのか次回に続きます。

関連記事

  1. サジェスト対策例
  2. サジェスト削除(SEO対策船橋ドットコム)
PAGE TOP