SEO対策はサイトを整理すること

Googleの理念を理解すること

Googleは世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスして使えるようにすることを使命としています。詳しくは検索に対する Google の方針をご覧ください。

検索エンジンにおいては、ユーザーが求めている情報を関連性と専門性を併せ持った質の高い情報を提供すると同時に、情報を最もわかりやすい形式で提供するとしています。このことから、SEO対策においてもGoogleの理念に沿った対策が必要です。

Googleの理念に沿ったSEO対策とは

大きく分けて3つです。

1.発信する情報を端的にわかりやすくすること
これまでのSEO対策では、検索ワードを無理やり詰め込んだり、無駄に文字数を多くしたりするなど、検索ロボットが誤認するような対策がとられてきました。しかし、検索ロボットの精度が上がった今では全く通用しません。もちろん検索ワードを含めることは最重要ですが、あくまでもコンテンツの趣旨を伝えることが大事です。この記事は誰に何を伝えるための記事なのか。これを意識して作成することが最も大事です。

2.ユーザーだけでなく検索ロボットにもわかりやすく
まずはユーザーにわかりやすい記事を作成します。自信が伝えたいことをとりあえず書き込んでください。その次は、検索ロボットにもわかりやすくするために情報を整理します。つまり、ユーザーとロボットの両方にわかりやすい形式に整えることです。ポイントとしては、長文書き込むだけでなく、ポイントごとに段落を分ける、あるいは箇条書きにするなど見やすくする。また、抽象的な言い回しはしないこと。ロボットにもわかるように端的に簡単な文章で表現しましょう。

3.なるべく一時情報を用いること
記事の内容ですが、なるべく二次利用のものでなく、一時利用を用いるようにしてください。例えば、ラーメンを食べた感想を書くときに、Aさんがラーメンを食べて美味しいといっていたとか、Bさんはこのラーメンについて普通と言っているのではなく、自信が食べた感想を書いた方のが質の高い記事であると検索ロボットに判断されやすいです。コピペは論外ですが、引用とかでなく、なるべく自身の体験談、あるいは自身の言葉で作成したオリジナルは、日常生活でも説得力がありますよね。

まとめ

SEO対策におけるコンテンツ制作のポイントです。

・Googleの理念を理解すること
・Googleの理念に沿った構成で作成すること。
・ユーザーと検索ロボットの双方が理解できるように心がけること
・なるべく自身の体験談など一時情報を用いること

今後、上記を意識して作成して見てください。
想像以上の効果があると思います。