検索順位が突然下がったら?中小企業者向けの対処法

検索順位が突然下がったら?中小企業者向けの対処法

中小企業のWeb担当者にとって、検索順位の下落は大きな不安要素です。検索順位が下がると、Webサイトへのアクセス数が減少し、売上や問い合わせに影響を与える可能性があります。

検索順位が突然下がってしまった場合、まずは冷静に原因を特定し、適切な対策を講じることが大切です。

検索順位が下がる原因

検索順位が下がる原因は、大きく分けて以下の3つです。

* oogleのアルゴリズムアップデート
* 自社サイトの品質低下
* 競合サイトの品質向上

Googleのアルゴリズムアップデート

Googleは、検索結果の品質を向上させるために、定期的にアルゴリズムアップデートを行っています。アップデートの内容は公開されないため、どのアップデートが原因で検索順位が下がったかを特定することは困難です。

ただし、Googleはアップデートの実施を事前に告知することがあります。また、TwitterなどのSNSでアップデートに関する情報を共有しているユーザーもいます。これらの情報を参考に、アップデートが原因で検索順位が下がった可能性を検討しましょう。

自社サイトの品質低下

自社サイトの品質が低下した場合も、検索順位が下がる可能性があります。品質低下の原因としては、以下のようなものが挙げられます。

* コンテンツの質が低い
* キーワードの選定が適切でない
* サイトの構造やレイアウトが使いにくい
* 表示速度が遅い

自社サイトの品質を改善するためには、以下の点に注意しましょう。

* ユーザーのニーズを満たすコンテンツを作成しましょう。
* ターゲットユーザーに適したキーワードを設定しましょう。
* サイトの構造やレイアウトをわかりやすく整理しましょう。
* 表示速度を改善しましょう。

競合サイトの品質向上

競合サイトの品質が向上した場合も、検索順位が下がる可能性があります。競合サイトの品質向上の要因としては、以下のようなものが挙げられます。

* コンテンツの質を向上させた
* キーワードの選定を改善した
* サイトの構造やレイアウトを改善した
* 表示速度を改善した

競合サイトの動きを確認し、自社サイトの品質を常に向上させていくことが大切です。

検索順位が下がったときの対処法

検索順位が下がった場合は、以下の手順で対処しましょう。

1. 検索順位の下落を確認する

まずは、Google Search Consoleなどのツールを使用して、検索順位の下落を確認しましょう。下落したキーワードやページ、期間などを把握しておくことが大切です。

2. 原因を特定する

原因を特定するためには、以下の点に注意しましょう。

* 自社サイトの品質を改善するために、どのような施策を行ったか
* 競合サイトの品質に変化はないか
* Googleのアルゴリズムアップデートがあったか

3. 適切な対策を講じる

原因が特定できたら、適切な対策を講じましょう。原因によって、以下ののような対策が考えられます。

* コンテンツの質を向上させる
* キーワードの選定を改善する
* サイトの構造やレイアウトを改善する
* 表示速度を改善する

対策を講じた後は、しばらく様子を見て、検索順位の回復を確認しましょう。

まとめ

検索順位が突然下がってしまった場合、慌てず冷静に原因を特定し、適切な対策を講じることが大切です。原因を特定するためには、自社サイトの品質や競合サイトの動き、Googleのアルゴリズムアップデートなどの情報を参考にしましょう。

お問い合わせ・ご相談窓口

SEO対策・コンテンツ作成サービスに関するお問い合わせは、以下よりお気軽にご連絡ください。無料相談も承っております。
TEL: 050-6865-7912
Email: info@dspartners.jp
無料相談のお申し込みはこちら

関連記事

TOP
TOP