自分でできるサジェスト対策の方法とは?

サジェスト対策について

サジェスト対策とは、検索エンジンでキーワードを入力した際に表示される検索候補となる関連ワードを表示し提案(サジェスト)する機能を活用して、ユーザーに見せたくないキーワードを非表示にしたり、特定のキーワードを表示させることを指します。

サジェスト対策を行うことで、企業や個人のブランドイメージを守ったり、特定のキーワードで上位表示させたりといった効果が期待できます。サジェスト対策は、専門業者に依頼する方法もありますが、自分で行うことも可能です。

ここでは、自分でできるサジェスト対策の方法について、詳しく解説します。

サジェスト対策の基本的な仕組み

サジェスト対策を行うためには、まずサジェストの仕組みを理解しておくことが大切です。
サジェストは、ユーザーの検索履歴や、Webサイトのコンテンツ内容、SNSの投稿内容など、さまざまな要因をもとに検索エンジンが自動で生成しています。そのため、サジェスト対策を行うためには、検索エンジンがサジェストを生成する際に考慮する要因を把握し、それらの要因をコントロールする必要があります。

自分でできるサジェスト対策の具体的な方法

自分でできるサジェスト対策の方法は、大きく分けて以下の2つです。

– 検索エンジンに削除申請を行う
– コンテンツを制作する

検索エンジンに削除申請を行う

検索エンジンに削除申請を行う方法は、最もシンプルなサジェスト対策の方法です。
検索エンジンの運営会社に、削除したいサジェストワードを報告することで、サジェストワードを削除してもらえます。ただし、削除申請が必ず通るとは限りません。

検索エンジンの運営会社は、サジェストワードが不適切かどうかを判断する際に、以下の基準を参考にしています。

– 公序良俗に反する内容であるかどうか
– 誹謗中傷や名誉毀損に当たる内容であるかどうか
– 差別的または差別煽動的な内容であるかどうか

削除申請を行う際には、これらの基準を満たしているかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

コンテンツを制作する

コンテンツを制作する方法は、検索エンジンに削除申請を行う方法よりも効果的なサジェスト対策の方法です。検索エンジンは、ユーザーの検索履歴や、Webサイトのコンテンツ内容、SNSの投稿内容など、さまざまな要因をもとにサジェストを生成しています。
そのため、ユーザーの検索履歴や、Webサイトのコンテンツ内容、SNSの投稿内容をコントロールすることで、サジェストワードをコントロールすることができます。

サジェスト対策を行う際には、以下の点に注意してコンテンツを制作しましょう。

– 検索エンジンが評価するようなコンテンツを制作する
– ユーザーの検索履歴や、Webサイトのコンテンツ内容、SNSの投稿内容をコントロールする
– 検索エンジンに評価されるようなリンクを獲得する

サジェスト対策を行う際の注意点

サジェスト対策を行う際には、以下の点に注意が必要です。

– 削除申請は、あくまでも最終手段である
– コンテンツを制作する際には、検索エンジンが評価するようなコンテンツを制作する
– 検索エンジンに評価されるようなリンクを獲得する
– サジェスト対策は、時間と労力がかかることを理解する

サジェスト対策は、検索エンジンに直接働きかける方法ではありません。そのため、削除申請やコンテンツ制作をしても、すぐにサジェストが変更されるわけではありません。また、サジェスト対策は、時間と労力がかかることを理解しておきましょう。

まとめ

サジェスト対策は、企業や個人のブランドイメージを守ったり、特定のキーワードで上位表示させたりといった効果が期待できるSEO対策です。自分でできるサジェスト対策の方法は、検索エンジンに削除申請を行う、コンテンツを制作するなどがあります。サジェスト対策を行う際には、検索エンジンの仕組みを理解し、効果的な対策方法を検討しましょう。


お問い合わせ